会社案内の作成

会社案内作成はこんなところにお願いしたいということがあります。それはこういうところだったら安心して任せられるというところだと思います。まず、できれば文章なども自分で考える必要がないところがよいと思います。原稿などの提出が必要だったらそのために貴重な人材を割かなければならないからです。専門ライターさんがいて、そういう人がやてくれるところがあったらありがたいと思います。そして、できるだけテンプレート使うようなところではなくオーダーメードでやってくれるところだったらありがたいと思います。せっかく作るのに他社と同じような特徴のないものだったら意味がないように思います。そして、あまり安っぽい用紙ではなく、しっかりした用紙を提案してくれるところだったらありがたいと思います。いろんな紙があると思うので、デザインにあったものがあれば良いと思います。最後に価格について丁寧に説明してくれるところがよいと思います。あらかじめある程度の規模を示してくれて、その中から良い仕事をしてくれるとうれしいでしょう。多くの会社がそうやっていろんなサービスを競い合いながらより良いものを作ってくれているのでいろいろ選べるようになってきてすごく便利です。会社案内は単なる事業紹介だけにとどまらず、企業の魅力を外部に伝えることができる重要な手段です。その重要さが分かっている企業ほど会社案内作成に力を入れます。まず1ページ目は大切な導入部分です。次のページをめくろうと思わせることができるかの分かれ目です。ありふれたキャッチコピーではなく、他社にはない企業の魅力を伝えられるよう写真やイラスト、言葉を有効に使って最大限見た人の心を惹き付けるページにしなくてはなりません。次に企業理念や企業のコンセプトですが、重要なだけに文字の量が多く、細かい文字の羅列になりがちですが、せっかく多くの言葉を発信しても見る人が読む気をなくしてしまっては元も子もありません。簡潔に要領良く、しかしちゃんと企業のあり方を伝える必要があります。文字数が多く視覚的に読みにくい印象にならないよう文字の大きさ、書体を換えたりイラストを挿入するなど読み手に飽きさせない努力をしなければなりません。代表者の挨拶は写真入りで必ず必要です。会社案内を見る人は会社の代表者がどんな人なのか興味があります。じっくり見る部分です。挨拶の文章は先の企業理念と同じ内容にならないよう気をつけなければなりません。企業理念よりも親しみやすい、噛み砕いた言葉で分かりやすさを重視します。